トップ  >    ロシアの基本情報  >  ロシアの歴史
ロシア 株式市場 歴史


ロシア連邦は、18世紀前半にピョートル大帝のもとでロシア帝国が成立して、領土は極東まで拡大している。この時の皇帝による先生と農奴制が近代化を遅らせたと言われている。1861年の農奴解放とともに産業資本が確立されたが、経済の不安定化による恐慌が起きて、1905年に第1次ロシア革命へと繋がっている。

1917に革命が起こり、レーニンなどの指導の下でソビエト政権が起こり、その後1922年にソビエト社会主義共和国連邦が発足した。1924年にレーニンが死んだ後にスターリンが独裁支配を続け、5ヵ年計画によった重工業発展、戦争の勝利などを経て米国と並ぶ超大国となり、冷戦状態となる。

スターリンの死後には、後を継いだフルシチョフは、1956年の第20回党大会などでスターリン批判を展開し、冷戦は終結の方向へと向かいます。しかし、1964年に中ソ対立や農業政策の失敗から失脚した。1979年12月にはアフガニスタンに侵攻した。

1985年からゴルバチョフがペレストロイカによって経済の建て直しを図る。その後に1989年5月にゴルバチョフが訪中し、中ソの和解が実現した。その後の1990年3月には、マルタ沖で米ブッシュ大統領と会談し、ここに冷戦の終結を見た。

1991年にロシア大統領選挙にてエリツィン氏が圧勝した。9月に国家評議会がバルト3国の独立を承認、その後の12月にはゴルバチョフ大統領が辞任してソ連が消滅した。グルジアを除いた11カ国によって独立国家共同体(CIS)を創設した。

99年12月にエリツィン大統領が辞任した後に、2000年3月の大統領選挙にてプーチン氏が大統領になる。その後01年に中国と日露善隣友好協力条約が調印され、中国との関係が大幅改善した。その後チェチェンの問題などを抱えながらも、豊富な資源などを活かした経済成長により、プーチン氏も高い支持率を維持し、首相に退いた。

参照:データブックオブザワールド2006など複数の書籍を参照
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:128 平均点:4.53
前
ロシアの基本的経済指標
カテゴリートップ
  ロシアの基本情報
次
ロシアの地理



スポンサードリンク




楽天市場
メニュー
  ロシア株概要
  ロシア株の買い方
  ロシアの経済状況
  ロシアの基本情報
  ロシア株ファンド
  ロシアの企業
  ロシアの周辺諸国
ロシアの大富豪
ロシアの要人