トップ  >    ロシアの基本情報  >  ロシアの地理




約1,707万平方キロメートル(日本の45倍、米国の2倍近く)
(参考:ソ連:約2,240万平方キロメートル 日本の60倍)

ロシアは、ユーラシア大陸の北部に広大な部分を占めています。面積は、旧ソ連の76%を引き継いで、北は北極海、東はベーリング海・オホーツク海・日本海・太平洋に臨み、南は北朝鮮・中国・モンゴル・カザフスタン・アルゼバイジャン・グルジア、西はウクライナ・ベラルーシ・ラトビア・エストニア・フィンランド・ノルウェーなど、多数の国家と国境を接しています。

ロシアの地形は、概して南高北低となっています。ロシアを3つに区分するならば、ロシア西部が東経60度に沿って南北に走るウラル山脈までの東ヨーロッパ平原地域で、ロシア南西部には中央ロシア高地、カザフスタン寄りに埔里ヴォルガ高地などがあります。北方の低地には4000もの湖があります。また、ヴォルガ川はカスピ海に注いでいます。

ロシア中央部の西はウラル山脈から東は中央シベリア高原までが西シベリアの低地となっています。オビ川、エニセイ川が北極海に注いでおり、この地域の大湿地帯の半分は永久表土となっており、それはツンドラとも呼ばれています。

そしてロシア東部は、中央シベリアから極東の山地までの広い地域で、レナ川が北極海に注いでおり、ヤブロノーヴィやヴェルホヤンクスなどの多くの山地が見られる地域で、寒さに強い針葉樹林が広がっています。

<北方領土問題>
北方四島と呼ばれる北海道の北東部にある四島(択捉島、国後島、色丹島及び歯舞群島)は、もともと日本固有の領土でした。しかし、1945年(昭和20年)8月の第二次世界大戦終了直後、混乱に紛れてソ連軍により不法に占拠が行われ、終戦当時に北方四島に住んでいた1万7千人あまりの人々は、強制退去させられました。

それ以後、ソ連を経てロシアに不法に占拠された状態が続いており、日本政府はこれに厳重に抗議していますが、返還が行われる見通しはまだ立っていません。この問題を解決しなければ、日本人のロシアに対する不信感は根強いままで残りますので、日本とロシアは仲良くするのが難しいままとなってしまうでしょう。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:236 平均点:5.04
前
ロシアの歴史
カテゴリートップ
  ロシアの基本情報
次
ロシアの世界遺産



スポンサードリンク




楽天市場
メニュー
  ロシア株概要
  ロシア株の買い方
  ロシアの経済状況
  ロシアの基本情報
  ロシア株ファンド
  ロシアの企業
  ロシアの周辺諸国
ロシアの大富豪
ロシアの要人