トップ  >  ロシアの要人  >  ドミートリー・メドヴェージェフ


1965年9月14日、ソビエト連邦時代のレニングラード(現:サンクトペテルブルク)に生まれる。両親はともに教育者で、父アナトーリー・アファナシエヴィチ・メドヴェージェフはレニングラード技術大学の物理学教授であり、母ユリア・ベニアミノブナは教育大学でロシア語とロシア文学を教えていた。なお兄弟はおらず、一人っ子であった。

知識人層の家庭だったものの、メドヴェージェフは40m² の広さのアパートメントで育つ。少年時代のメドヴェージェフは成績優秀な学生で、将来は法律家になる夢を持っていた。また、カヤックなどのスポーツや写真撮影、読書(ブーニンやチューホフ、ドストエフスキーの作品など)、ロック音楽に熱中した。

1987年にレニングラード大学(現:サンクトペテルブルク大学)法学部を卒業し、同大学院に進学する。1990年には専門の私法分野で博士号を取得した。その後、1990年から1999年までサンクトペテルブルク大学で非常勤講師として教壇に立ち、法律専門家として私法の教科書を共著で執筆した。

その一方で、大学時代にアナトリー・サプチャークと出会ったことがきっかけで政治に関わることになる。1989年にサプチャークが人民代議員大会に出馬すると、その選挙運動に参加した。そして1990年にサプチェークがレニングラード市ソビエト議長に就任すると、同年にメドヴェージェフは議長参事官に就任した。この時、同じく参事官だったのがウラジーミル・プーチンであり、メドヴェージェフの同僚として働いていた。

<政治家としての出世>

1991年から1995年までメドヴェージェフはプーチンが議長を務めるサンクトペテルブルク市渉外委員会で法律顧問として働いた。1994年にプーチンが同市の第一副市長になるとプーチンの顧問も兼任した。

1999年8月にプーチンが首相に就任すると、プーチンはサンクトペテルブルク出身者(いわゆる「サンクト派」)を要職に登用するようになる。メドヴェージェフもその中の一人であり、同年11月にロシア連邦政府官房次長に任命される。さらにプーチンが同年12月31日に大統領代行に就任すると、それに伴いロシア大統領府副長官に就任する。

2000年の大統領選挙では、プーチン陣営の選挙対策本部責任者としてプーチンの大統領当選に貢献し、ロシアにおいて最も有力な政治家の一人に台頭する。大統領選後の2000年6月3日には大統領府第一副長官に昇格した。同時に、2000年から2001年までガスプロムの取締役会議長(会長)、2001年から2002年まで副会長、2002年6月30日から再びガスプロム会長を務めた。その後、2003年10月30日にアレクサンドル・ヴォローシンの跡を襲って大統領府長官に就任する。

さらに2005年11月14日にはプーチンによって第一副首相に任命される。第一副首相としてメドヴェージェフは保健・教育・住宅建設・農業の4分野の改革で社会基盤の整備を目指す「優先的国家プロジェクト」を担当した。第一副首相就任に伴い、同じく第一副首相だったセルゲイ・イワノフ、2007年9月に首相に就任したヴィクトル・ズブコフなどとともにプーチン後継の最有力候補の一人と取り沙汰されるようになる。

<2008年ロシア大統領選挙>

そして2007年12月10日、プーチンは翌2008年実施の大統領選挙で自身の後継者としてメドヴェージェフを指名した。これに続き、政権与党である統一ロシアや、公正ロシア、ロシア農業党、市民勢力、緑の党、ロシアの愛国者などの諸政党も大統領選挙の候補者にメドヴェージェフを擁立することを決定した。

一方、指名を受けたメドヴェージェフは大統領選挙後にプーチンを首相に指名する意向を示した。また12月20日、ロシア中央選挙管理委員会に大統領選への立候補を申請した後、大統領に当選した場合はガスプロムの会長職を退くことを表明した。選挙公約としては、中小企業への支援や司法改革、汚職対策などを掲げた。その後2008年3月2日に大統領選挙が行われ、メドヴェージェフは下馬評通りに圧勝した。勝利後、メドヴェージェフはプーチン路線を継承すると発言した。
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:84 平均点:5.83
前
ウラジーミル・プーチン
カテゴリートップ
ロシアの要人
次
ボリス・エリツィン



スポンサードリンク




楽天市場
メニュー
  ロシア株概要
  ロシア株の買い方
  ロシアの経済状況
  ロシアの基本情報
  ロシア株ファンド
  ロシアの企業
  ロシアの周辺諸国
ロシアの大富豪
ロシアの要人